top > ショッピング

創出版 ショッピングコーナー

いらっしゃいませ。ゲスト様。会員登録すると注文履歴や発送状況、複数配送先の設定ができます。
カゴを見る

◆作文講座|商品詳細

本商品はお申し込み後、創出版より送られるEメールが案内状およびチケット代わりとなります。郵送物などはありません。Eメールアドレスの入力は正確にお願いいたします。

本商品は「代引き」でのお支払いは出来ません。支払方法では「代引き」を選ばないで下さい。

◆作文講座
講座
◆作文講座
定価 10,000 円
在庫 あり
『マス読』入門編で紹介されているように、東京にはいわゆるマスコミ受験塾がたくさんありますが、地方在住者はなかなかそういう機会に恵まれないのが現実。そこでそういう遠方の人も参加できるよう、メールのやりとりを通じての論作文添削講座を開きます(もちろん東京在住者も参加可能です)。添削後には優秀者の作文サンプルを全員に送信。自分の作文を添削してもらえるだけでなく、他の受講者の添削例も見て参考にできるため、効果が何倍にもなります。
 
この商品について問い合わせる
この商品を友達に紹介する
数量

受講方法

1週間に1本のペースで論作文を提出してもらい、添削講評していきます。

提示されたテーマで書いた論作文を受講者がメールで送信。講師がそれに評価やコメントをつけて返送します。また、よく書けているものをサンプルとして受講者に送信します。受講者全員がそれを見ることになります。自分のだけでなく他の受講者の作文例とコメントを見ることで、学習効果は倍増します。自分の論作文を他の受講者に見せたくないという人はそういう別コース選択も可能です。
 

講師

「高田塾」 塾長 高田城(たかだ・じょう)

1945年生まれ。早稲田大学法学部卒。70年毎日新聞社入社、毎日グラフ編集部、社会部を経て76年以降、学芸部演劇評論・余暇問題担当。90年退社後、劇団四季編集室長兼広報部長を経て、表現技術開発センター(屋号・高田塾/自分流文庫)を設立。

「阪東100本塾」 塾長 阪東恭一

1981年早稲田大学第一文学部社会学科卒。新潮社に入社。週刊新潮編集部に5年在籍。86年4月、毎日新聞社に入社、サンデー毎日編集部を経て毎日新聞記者。88年、朝日新聞社に入社。その後、フリージャーナリストとして独立、おもに金融ものとして別冊宝島シリーズ、AERA、週刊エコノミスト、東洋経済、読売新聞などに執筆。92年に「阪東100本塾」設立。

『マスコミ就職読本』 『創』 編集長 篠田博之

1951年生まれ。一橋大学卒。創出版代表。日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長。共著『「差別表現」を考える』他。

料金

提示されたテーマで計5本の論作文を書いてもらい、受講料1万円です。論文、作文、三題噺などテーマは複数用意し、選択してもらいます。また5本のうち1本を志望書(ES)添削に振り替えることも可能です。ES添削は篠田博之(『マス読』編集長)が行います。
受付後、受講者の都合で受講を中止する場合は返金には一切応じられませんのでご注意ください。

申込方法・締切

論作文5本の添削を実施します。
受講希望者は、下記フォームよりエントリーしてください。

エントリーは、受講料の入金の確認を持って完了となります。また銀行・郵便局からご入金いただいた場合には、確認までの日数が最低でも2〜3日かかります。余裕を持ってご入金下さい。
 

【Hotmailユーザーに重要なお知らせ】
Hotmailでは迷惑メール対策を強化しています。
http://advertising.msn.co.jp/adproducts/Email_BulkDupe.htm
に詳しい案内が載っていますが、「マス読作文講座」からのメッセージ配信元 weekly@tsukuru.co.jpを「セーフリスト」に登録してください。セーフリストへの登録を怠ってしまいますと、「マス読作文講座」からのメッセージがHotmail の「迷惑メール」フォルダに放置されたままとなってしまいます。マスコミ採用情報を無事入手するために、上記手続きをよろしくお願いします。

問い合わせ先:

E-mail weekly@tsukuru.co.jp

創出版「作文講座」係