top > ショッピング

創出版 ショッピングコーナー

いらっしゃいませ。ゲスト様。会員登録すると注文履歴や発送状況、複数配送先の設定ができます。
カゴを見る

■月刊『創』(Tsukuru)2012年12月号|商品詳細

いまやメディアは社会のあらゆる事象に関わっているといってもよい。『創』は、メディア批評を通して社会問題に迫ろうとする総合誌。皇室報道、差別表現など、あらゆるタブーに果敢に挑みます。
■月刊『創』(Tsukuru)2012年12月号
書籍
■月刊『創』(Tsukuru)2012年12月号
定価 680 円
在庫 あり
特集【追悼!若松孝二監督】
 
この商品について問い合わせる
この商品を友達に紹介する
数量

 ◆「実録・連合赤軍」「キャタピラー」「11・25自決の日」

 反骨の表現者 若松監督が遺した言葉

◆40年以上もつきあったのに突然逝ってしまった

 喧嘩しながら若松孝二は映画を作った 足立正生

◆大好きだった若松監督、今どこにいるのですか

 嘘だよって言いながら現れてほしい 寺島しのぶ

◆娘としてこれから若松プロを継いでいく

 父は厳しいが尊敬すべき監督だった 尾崎宗子

◆若松映画の原風景が僕を育ててくれた

 どこかに行けそうでどこにも行けない 宮台真司

◆元『噂の眞相』編集長の沖縄からの追悼

 飲み仲間の個性派が次々と鬼籍に 岡留安則

◇橋下市長との言論戦はメディア側の完敗に

『週刊朝日』連載中止事件と差別表現をめぐる議論 篠田博之

◇元テレビの現場にいた者として敢えて言う!

 生活保護バッシング報道とBPOを批判する 水島宏明 

◇「原発とメディア」と「プロメテウスの罠」 

 朝日新聞の二つの連載が示した検証報道の意義 上丸洋一/宮ア知巳/柴田鉄治 

◇捜査や裁判のずさんさを考えると課題は山積だ 

 東電OL事件、再審開始!されどなお残された課題 今井恭平

◇攻撃を受け続けた写真家の特別手記

ニコンサロン写真展中止事件の顛末 安世鴻

◇『アックス』と、『インパクション』の現状

雑誌ジャーナリズムの現状を語る(4) 篠田博之

◇「脱原発文学者の会」発足座談会

 脱原発社会をめざして文学者は何をするべきか 森詠×川村湊×佐藤洋二郎×宮内勝典×山本源一×宮田昭宏

◇サントリーBOSSの宇宙人とソフトバンクの犬のお父さんのコラボ

 宇宙人ジョーンズと犬のお父さん共演の舞台裏 佐々木宏

◇永六輔×矢崎泰久のぢぢ放談

第37回 政権なんて知らない

 

<NEWS EYE>

紅白、レコ大の陰で芸能界大物の暗躍

「君が代強制」言及の教科書採択に圧力

 

<巻頭グラビア>

風刺天国 “野田絶叫マシーン/山中教授に洗濯機を/大滝秀治さん逝去” マッド・アマノ

柳美里の「今日のできごと」 “いま在る時間” 柳美里

東京street! “ハロウインの六本木/六本木化進む歌舞伎町” 篝一光

今月のカラクリ雑誌 “海外で日本の外食” 今柊二 

 

<連載コラム> 

タレント文化人 筆刀両断! “石原慎太郎” 佐高信

言論の覚悟 “若松孝二監督と三島事件” 鈴木邦男

「こころの時代」解体新書 “平気で自分を偽る人たち” 香山リカ

ナショナリズムという病理 “在沖縄米軍基地が最大の領土問題だ” 佐藤優

ドキュメント雨宮☆革命 “「サンタクロースをつかまえて」” 雨宮処凛 

大川総裁の月刊『壊』 “新しくなった南相馬の公園” 大川豊

バカ裁判傍聴記 “裁判官はどっち目線?” 阿曽山大噴火