top > ショッピング

創出版 ショッピングコーナー

いらっしゃいませ。ゲスト様。会員登録すると注文履歴や発送状況、複数配送先の設定ができます。
カゴを見る

■月刊『創』(Tsukuru)2008年7月号|商品詳細

いまやメディアは社会のあらゆる事象に関わっているといってもよい。『創』は、メディア批評を通して社会問題に迫ろうとする総合誌。皇室報道、差別表現など、あらゆるタブーに果敢に挑みます。
■月刊『創』(Tsukuru)2008年7月号
書籍
■月刊『創』(Tsukuru)2008年7月号
定価 600 円
在庫 あり
  在庫残りわずかです。お急ぎ下さい!
【特集】映画界の徹底研究
 
この商品について問い合わせる
この商品を友達に紹介する
数量

創』08年7月号 6月7日発売!!

【特集】映画界の徹底研究

◎〔総論〕
 邦画の興収が昨年は歴代2位を記録したが...
 日本映画の「活況」は果たして本物か

◎東宝、東映、松竹、角川映画...
 日本映画大手4社の戦略を探る 松谷創一郎

◎アスミック・エース、ショウゲート、日活など...
 独立系映画会社の大きな役割 松谷創一郎

◎日テレ、TBS、フジを中心に映画事業本格化
 今や最大の製作会社TV局の課題 廣田恵介

◎「新宿シネマ戦争」と言われる攻防戦も
 郊外型から都心へ シネコンの変貌 鈴木義昭

◎プロデューサー、監督、脚本家が日本映画を語る
・TVに依存しすぎてはいけない    山本又一朗(「僕の彼女はサイボーグ」プロデューサー)
・刑務所の独房で決めた企画      角川春樹(「神様のパズル」プロデューサー)
・アニメーション映画の原点とは    星野康二(スタジオジブリ代表)
・いい映画でかつヒットする映画を   久保田修(「砂時計」プロデューサー)
・三谷幸喜の世界をどう実現するか   重岡由美子(「ザ・マジックアワー」プロデューサー)
・今回は今までと違うことばかりやった 押井守(「スカイ・クロラ」監督)
・脚本をめぐって原作者と激論に    原田眞人(「クライマーズ・ハイ」監督)
・母の死がこの映画のきっかけに    是枝裕和(「歩いても歩いても」監督)
・僕の映画は風景にこだわる      廣木隆一(「きみの友だち」監督)
・昔の映画を観るような気持ちで    石井克人(「山のあなた 徳市の恋」監督)
・題材との出会いを大事に       長崎俊一(「西の魔女が死んだ」監督)
・宣伝配給まで全部自分でやった    若松孝二(「実録・連合赤軍」監督)
・大きな嘘を一つつくためのリアリティ 羽原大介(「フラガール」脚本)
─────────────────────────────────────────────

◆サイトで紹介した自殺方法が思わぬ大波紋
 硫化水素自殺サイト管理人の次なる不気味な「警告」 七瀬恭一郎

◆繰り返された「集団的過剰同調」報道
 テレビが世論を創った!?光市母子事件報道の検証 浅野健一

<巻頭グラビア>
◆風刺天国中国大地震救援金/東京湾アクアライン=@マッド・アマノ
◆柳美里の「今日のできごと」鬱のわたしの命綱=@柳美里
◆東京Street! 歌舞伎町2丁目=@篝一光
◆今月のカラクリ雑誌 ボイン満載!ヘアと乳首の歴史=@今柊二
◆アナーキーな映画監督・渡辺文樹が突然逮捕された裏事情

<連載コラム>
◆「こころの時代」解体新書母娘の深い闇=@香山リカ
◆「非国民」のすすめ裁判員制度と新自由主義=@斎藤貴男
◆逆視逆考権力から狙われたとき=@綿井健陽
◆タレント文化人 筆刀両断!弘兼憲史=@佐高信
◆言論の覚悟初めての北朝鮮=@鈴木邦男
◆極私的メディア論リングの外の虚と実=@森達也
◆ナショナリズムという病理袴田茂樹『中央公論』論文2=@佐藤優
◆ドキュメント雨宮☆革命ゴールデン・メーデー・ウィーク=@雨宮処凛
◆月刊『壊』後期高齢者医療対策は置き薬で=@大川豊
◆バカ裁判傍聴記仏像マニアの被告人=@阿曽山大噴火