top > ショッピング

創出版 ショッピングコーナー

いらっしゃいませ。ゲスト様。会員登録すると注文履歴や発送状況、複数配送先の設定ができます。
カゴを見る

■月刊『創』(Tsukuru)1999年 9月号|商品詳細

いまやメディアは社会のあらゆる事象に関わっているといってもよい。『創』は、メディア批評を通して社会問題に迫ろうとする総合誌。皇室報道、差別表現など、あらゆるタブーに果敢に挑みます。
■月刊『創』(Tsukuru)1999年 9月号
書籍
■月刊『創』(Tsukuru)1999年 9月号
定価 550 円
在庫 あり
  在庫残りわずかです。お急ぎ下さい!
【特集】一触即発!オウム真理教と住民の対立
 
この商品について問い合わせる
この商品を友達に紹介する
数量

1999年9月号

【特集】一触即発!オウム真理教と住民の対立
●【衝撃フォト】緊迫するオウム教団施設の内部独占撮影!
●住民、そして信者たちは今――オウム移転騒動を追う 岩本太郎
●長野県8市町村にみるオウムVS住民の対立渋井哲也
●サリン事件後入信した信者に訊いた!「なぜ今オウムに入るのか」(続)
●なぜオウム教団は謝罪ができないか 室生忠

表現と人権をめぐる論争――二つの裁判をめぐって
●「石に泳ぐ魚」裁判をめぐる経緯について考える 柳美里
●「言論の名による人権侵害」は認められない 飯田正剛
●奇怪な「人権派」弁護士のメディア叩き――「通り魔」に敗訴して 石井?(「新潮45」元編集長)
●柳田邦男氏の『新潮45』裁判への論及に反論す 太田健義

●東京新聞と銀行顧客リスト漏洩事件の顛末 小田桐誠
●脳死臓器移植報道でメディアに何が問われたか 浅野健一
●週刊金曜日『買ってはいけない』“大化け”の背景 松尾信之 山中登志子
●トップクリエイター達はなぜ電通を辞めたのか――岡康道、多田琢両人に聞く