top > ショッピング

創出版 ショッピングコーナー

いらっしゃいませ。ゲスト様。会員登録すると注文履歴や発送状況、複数配送先の設定ができます。
カゴを見る

全カテゴリー

186件中 1-10件

講座
◆作文講座
定価 10,000 円
在庫 あり
『マス読』入門編で紹介されているように、東京にはいわゆるマスコミ受験塾がたくさんありますが、地方在住者はなかなかそういう機会に恵まれないのが現実。そこでそういう遠方の人も参加できるよう、メールのやりとりを通じての論作文添削講座を開きます(もちろん東京在住者も参加可能です)。添削後には優秀者の作文サンプルを全員に送信。自分の作文を添削してもらえるだけでなく、他の受講者の添削例も見て参考にできるため、効果が何倍にもなります。
 数量
講座
◆実践講座5期
定価 15,000 円
在庫 あり

第5期(2018年3月〜)実践講座(全5回)

受講者が集まり、授業形式で行う講座が「マス読実践講座」の今季最終です。全国紙、出版社、キー局、広告などへ多くの内定者を送り出しております。

試験対策は頭の中で考えているだけではだめで、作文やESなど実際に書いて、プロの目で批評してもらうことが大切です。そこで基本的なやり方を覚えたら、あとはグループを作って自主勉強会を行ったり、他の作文塾に改めて参加することも可能です。ひと通りのことを体験し、あとは自分でどういう対策を講じるか。それを考える講座だと思ってください。

講座は論作文実習ES対策・実習作文実習模擬面接という構成です。直接顔を合わせる利点を生かしたカリキュラムです。事情により授業に出席できない受講者も、作文添削とES添削を受けられます。

その他、作文対策に重点をおきたい方は、通信方式の作文講座もございます。

 数量
書籍
■月刊「創」年間定期購読(12冊)
定価 8,400 円
在庫 あり
雑誌ジャーナリズムはいま、総体として危機に瀕しているような気がする。総合誌と呼ばれる雑誌は、この間次々と廃刊の憂き目にあっている。映像ないし電子メディアが影響力を増大させているのと反比例して、雑誌メディアはジャーナリズムのなかでレゾンデートルを失いつつあるように見える。画一的な情報洪水のなかで排除されてしまう異論や少数意見を積極的に取り上げてきたのが『創』である。例えば大手マスコミが連日押しかけ、テレビ局がヘリコプターを飛ばすなどして外側から何とか覗こうとしていたオウム真理教・麻原前教祖の三女の邸宅に初めて足を踏み入れたのは『創』だった。あるいは連続幼女殺害事件の宮崎勤元死刑囚が初めて心境を語ったメディアが『創』だった。これらは決して偶然ではない。大手マスコミがいくら物量作戦を展開しても、いやそうすればするほど肉迫するのが困難になるものも存在するのである。『創』は常に独自のスタンスで大手マスコミの報道できない領域に挑んできた。ゲリラに徹することが、雑誌ジャーナリズムに残された存在領域だと思うからである。
 数量
書籍
■月刊「創」年間定期購読(6冊)
定価 4,200 円
在庫 あり
雑誌ジャーナリズムはいま、総体として危機に瀕しているような気がする。総合誌と呼ばれる雑誌は、この間次々と廃刊の憂き目にあっている。映像ないし電子メディアが影響力を増大させているのと反比例して、雑誌メディアはジャーナリズムのなかでレゾンデートルを失いつつあるように見える。画一的な情報洪水のなかで排除されてしまう異論や少数意見を積極的に取り上げてきたのが『創』である。例えば大手マスコミが連日押しかけ、テレビ局がヘリコプターを飛ばすなどして外側から何とか覗こうとしていたオウム真理教・麻原前教祖の三女の邸宅に初めて足を踏み入れたのは『創』だった。あるいは連続幼女殺害事件の宮崎勤元死刑囚が初めて心境を語ったメディアが『創』だった。これらは決して偶然ではない。大手マスコミがいくら物量作戦を展開しても、いやそうすればするほど肉迫するのが困難になるものも存在するのである。『創』は常に独自のスタンスで大手マスコミの報道できない領域に挑んできた。ゲリラに徹することが、雑誌ジャーナリズムに残された存在領域だと思うからである。
 数量
■月刊『創』(Tsukuru)2018年1月号
在庫 あり
特集【テレビ局の徹底研究】
環境激変のテレビ界が抱えた問題
岐路に立つ“公共放送”NHK……坂本 衛
“独走”日本テレビの次の戦略
TBS、ドラマ・情報番組の堅調
フジテレビが掲げる「再起動」
テレビ朝日がめざす360°展開
テレビ東京“独自路線”の試行錯誤

「衆院議長への手紙から障害者殺傷事件決行まで……植松聖/篠田博之
「NHK記者の過労死はなぜ伏せられていたのか……浅野健一
座間事件被害者たちはなぜ「死にたい」とつぶやいたのか……渋井哲也
座間9人殺害事件に見るドクター・キリコ事件との違い……篠田博之
 数量
■月刊『創』(Tsukuru)2018年2月号
在庫 あり
特集【出版社の徹底研究】
不況の出版界めぐる様々な動き
講談社が進める紙と電子の試み
『九十歳。何がめでたい』小学館の戦略
『少年ジャンプ』50周年と集英社の行方
新潮社、書籍のヒットと文庫の課題
文藝春秋、『週刊文春』とデジタルの今後
マガジンハウスの大ヒットと雑誌群
「女性誌王国」光文社の新しい動き

植松聖被告が接見で語った相模原事件の詳細……篠田博之
共謀罪適用? 公安による「人民新聞」編集長不当逮捕……浅野健一
懲役13年で服役中のある性犯罪者の告白……樹月カイン
 数量
■月刊『創』(Tsukuru)2018年3月号
在庫 あり
特集【新聞社の徹底研究】
朝日新聞「統合編集」への取り組み
読売新聞のめざす「紙とデジタル」
毎日新聞の「過去になかった大改革」
日本経済新聞の電子版リニューアル
産経新聞の85周年事業とデジタル……道田陽一
東京新聞とジャーナリズムの原点

相模原障害者殺傷事件植松聖被告の自筆獄中漫画
今市女児殺害事件控訴審崩壊する「自白映像のみ」の有罪……片岡 健
「吠えない番犬」と化していた東京地検特捜部「復活」の思惑……伊藤博敏
ソープ店火災死者の実名が「知る権利」の対象か……浅野健一
 数量
■月刊『創』(Tsukuru)2018年4月号
在庫 あり
特集【広告界の徹底研究】
クリエイターが語る「広告」という仕事

変貌する広告会社の現状
広告界のガリバー・電通のデジタル&グローバル
博報堂DYグループが掲げる「生活者発想」
アサツー ディ・ケイが迎えた大きな変革
東急エージェンシーの「デジタル」と「東急」

相模原障害者殺傷事件植松聖被告の自筆漫画(続)
眞子さま「結婚延期」騒動と「菊のカーテン」……篠田博之
「新しい地図」とAbemaTVがメディア界に投げた波紋
今市女児殺害事件控訴審続報「身元不明のDNA型」めぐる攻防……片岡 健
「人民新聞」編集長逮捕事件――保釈された山田洋一編集長に聞く……浅野健一
 数量
■月刊『創』(Tsukuru)2018年5・6月号
在庫 あり
特集【マンガ市場の変貌】
児童誌のゲーム、アニメとの連動
少年マンガ誌三者三様の行方
女性マンガの映像化とデジタル化
青年マンガの新たな取り組み
急伸長!マンガのデジタルとライツ
拡大するアニメ市場とテレビアニメ
アニメ市場とKADOKAWAの戦略

相模原障害者殺傷事件 植松聖被告が描いた自画像……植松 聖
「新しい地図」の映画公開!『クソ野郎と美しき世界』……編集部
『週刊新潮』の新聞広告が黒塗りになった経緯と波紋……篠田博之
兵庫県女性死体遺棄事件被害者報道の検証……浅野健一
嘘の上塗りで政官共謀の隠蔽に走った佐川証人喚問……横田 一
 数量
在庫切れ
■月刊『創』(Tsukuru)2017年 1月号
在庫 売り切れ
在庫がなくなりました。
特集【テレビ局の徹底研究】
〈座談会〉岐路に立たされたテレビ界の行方
番組好調!NHKの気になる次期会長
“独走”日本テレビのコンテンツ戦略
ドラマ・情報番組健闘TBSの次の課題
日曜夜のゴールデンにフジテレビの挑戦
秋の快進撃!テレビ朝日のネット戦略
テレビ東京の尖った企画と独自路線
「ジャカルタ事件」城ア勉被告 一審判決と獄中インタビュー
「南京事件」番組をめぐって日本テレビVS産経新聞の応酬
『週刊文春』レコ大報道と芸能マスコミ
米大統領選トランプ演説会での緊迫騒動
 

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ